1. 神戸のリフォームショップ
  2. 無料相談【ハウスドクターの知恵袋】
  3. 質問&回答【ファイルNo.000260】

無料相談【ハウスドクターの知恵袋】

質問内容&回答内容

ハンドルネームyakota 様カテゴリ床のリフォーム

和室にフローリング

マンションの6畳の和室を、フローリング張りにしたいのですが、古畳を撤去すると5センチほどの段差ができてしまいます。

段差を解消するため、素人(私たち夫婦)が出した答えは、厚めの発泡スチロール系製断熱材を敷き詰めて、その上にフローリングを置いたら・・・というものですが、なにか、壮大な間違いがありそうで、プロの方のご意見をお聞きしたく、書き込ませていただきました。
断熱材の上に直張りって、どんなに探しても出てこないので、非常識なことなのかと不安になっているところです。
よろしくお願いいたします。

回答

ご質問ありがとうございます。
まず10mmのフロアをはるのであれば下地は最低でも30センチピッチ以内で施工してください。そうしないと下地の間で床がたわんでベコベコしますし、最悪割れます。強度が高いのは10mmのコルクフロアより12mmの合板でできたフローリングです。
下地の桟木は45mm×45mmの米松の桟が既成品であります。ホームセンターでも売っていますからそれを使用するといいです。この下地の根太(45mmの桟木)を固定するときに畳の下のベニヤの下地とは90度方向を変えてください。そしてこの根太の下に5mmのパッキンベニヤ(敷居との取り合いで仕上がりの高さを考えて2~3mmフロアを下げたほうがきれいですから3mmベニヤでもよいと思いますが)を畳の下のベニヤ下地の上にくるように(根太とサンドイッチ)90センチ以内のピッチではさんで、根太の上からネジで固定します。畳下のベニヤに隆起があるようならばパッキンベニヤの厚みを変えて根太の上端を水平にします。それからフロアをはれば完成です。

お書きになった発泡系の断熱材は、へこみますからやめた方がいいです。


ページの先頭へ戻る
人気コンテンツ
リフォームコンテンツ
リノベーションコンテンツ
不動産コンテンツ
お役立ちレシピ
ショップ情報
おすすめリンク
RESTA
電話番号
お問い合わせ

WEBサイト運営: 株式会社RESTA
〒651-2111 兵庫県神戸市西区池上4丁目29-2
TEL: 078-976-5323 / FAX: 078-976-5321

【リフォーム対応エリア】
神戸市東灘区、神戸市灘区、神戸市兵庫区、神戸市長田区、
神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市北区、神戸市中央区、
神戸市西区、姫路市、明石市、加古川市、三木市、高砂市、
加古郡播磨町、西宮市、宝塚市
その他地域はお気軽にご相談ください。

RESTA神戸西本店

RESTA神戸西本店

〒651-2111
兵庫県神戸市西区池上4丁目29-2
TEL:078-976-5323

ご来店は神戸西本店へどうぞ!

RESTA垂水店

RESTA SAPOSTA(サポスタ)
ネットSHOPオペレーターセンター・
撮影スタジオ

〒651-2111
兵庫県神戸市西区池上4丁目28-5

RESTA明石物流センター

RESTA LOGISTA(ロジスタ)
明石物流センター

〒651-2144
兵庫県神戸市西区
玉津町小山字川端169
佐川急便 明石店 3階