1. 神戸のリフォームショップ
  2. 絶対得するリフォーム【省エネ編】

生活を快適に!絶対得するリフォーム

建物が古くなった、内装をきれいにしたい、設備を新しくしたい、家族構成が変わったなど、リフォームのきっかけはさまざまですが、環境にやさしいく節約できる住まいを目指し、「省エネリフォーム」を実施する人が増えています。省エネリフォームを行うことにより、光熱費の節約になるだけでなく、快適性や家の耐久性の向上など、さまざまな効果が期待できます。
住宅の省エネリフォームを進めるに当たっては、住宅本体の断熱性能や日射遮蔽性能などの向上を図ること、エアコンや給湯のための設備・機器を高効率なものに取り替えること、太陽エネルギーなどの自然エネルギーの活用を図ることなどを総合的なバランスを検討し、住宅の状況や予算・工期などに見合った適切な方法を選択することが重要です。

省エネリフォームの全体イメージ

戸建住宅の場合

戸建て住宅の場合

マンションの場合

マンションの場合

メールでのお問い合わせはこちら

省エネリフォームを成功させるポイント

断熱性能を向上させる

住宅においては、下図に示すように、冬の暖房時は熱の58%が窓などの開口部から流出し、夏の冷房時は熱の73%が開口部から入ります。そのため、省エネリフォームは開口部の断熱性能を向上させることが、まずは重要です。
また、開口部以外の屋根、壁、床などの場所からも熱は出入りしています。このため、こうした部位の断熱性能を高め、熱の出入りを少なくすることも必要です。
このような取組を併せて行うことにより、一層の快適性の向上や、電気・ガスなどのエネルギー消費量の削減とそれに伴う冷暖房費の削減などの効果が期待できます。

冬と夏の断熱性能

断熱施工の例断熱性能向上のための具体的な方法としては、開 口部となる窓ガラスやサッシ、ドアなどを断熱性・気密性の高い構造のものに取り替え、さらに壁や天井・屋根、床など外気に触れる部分に断熱材を入れることにより、熱の出入りを少なくすることができます。
また、目に見えない隙間からの漏気によるエネルギーロスを減らし、断熱材の保温効果等を高めるため、屋根・天井、壁の断熱材の室内側に気密シートを設置するなどの気密化が重要です。併せて、過不足ない換気により、暖冷房の熱を余分に損失することのないよう換気対策を検討することも重要です。

日射遮蔽性能を向上させる

日射熱の侵入を防ぐ遮熱複層ガラスの働き夏場においては、直射日光による熱が室内温度を高め、冷房機器の効きを悪くすることがあります。
このようなことを防ぐための具体的な方法としては、日射遮蔽性能の高いガラスを選択することにより、断熱と併せて日射遮蔽を図ることができます。また、屋根に高反射率塗料を塗布することや、オーニングなどを活用することも考えられます。
また、透明な遮熱フィルムをガラスに張ることも効果的な対策です。
断熱性能の向上に併せて日射遮蔽性能の向上を図ることで、効果の高い省エネリフォームとすることができます。

部位別リフォームのポイント/窓

ガラスとサッシの種類による断熱性能窓からの熱の流出入は大変大きいため、省エネリフォームを実施する際には、窓の断熱性能や日射遮蔽性能を向上させることが重要です。
窓の断熱性能を向上させるためには、ガラスを単板ガラスから複層ガラスなどの熱を伝えにくいものにすることや、サッシをアルミ製から樹脂製や木製などにすることが効果的です。
複層ガラスは、2枚のガラスの間に空気を閉じ込めることによって断熱性能を高めたガラスです。単板ガラスの約2倍の断熱性能を持っているため、窓から出入りする熱のロスを防ぐことが可能です。
日射熱の大部分は窓から侵入するため、窓の日射遮蔽性能の向上が重要です。日射熱の侵入を防ぐとともに断熱性能を一層向上させるため、片側のガラスの表面に金属膜をコーティングした低放射(Low-E)複層ガラスと呼ばれるものが使用される場合もあります。
また、ブラインドやカーテンを使うことも日射遮蔽性能の向上に効果があります。
最近の窓には、サッシ・ドアの材質・構造により省エネ建材等級を4段階に区分し、サッシやガラスなどに断熱性能表示ラベルが貼付けられている製品もあります。
また、ガラスやサッシは取り替えずに、存の窓の室内側又は室外側に断熱性能の高い窓を取り付けて二重窓にする方法もあるので、状況に応じて取り組みやすい方法を検討することが必要です。
リフォームにあたっては、所在地域、方位、断熱性能、コストなどを考慮しながら、サッシ枠やガラスの性能を組み合わせて選択することが重要です。
メールでのお問い合わせはこちら

部位別リフォームのポイント/ドア

断熱タイプの断熱性能窓と同様にドア部分についても断熱性能等を向上させることが必要です。
このため、外気に面している玄関や勝手口などのドアは、断熱性能の高い素材や構造であることが望まれます。
ドア本体の内部に断熱材が充填された製品や、複層ガラスが使われた製品に取り替えることで、室外への熱損失等を抑え冷暖房効率が向上し、省エネルギーにつながります。
メールでのお問い合わせはこちら

部位別リフォームのポイント/屋根・天井

部位別リフォームのポイント/屋根・天井屋根・天井の断熱性能を向上させるには、天井裏への断熱材の吹き込みや敷き詰め、屋根の裏側への断熱材のはり付けなどの方法があります。
また、日射遮蔽性能の向上には、屋根面へ高反射率塗料を塗布する方法があります。
メールでのお問い合わせはこちら
断熱リフォームの施工例

部位別リフォームのポイント/壁・床

壁の断熱性能の向上を図るためのリフォームを実施する際には、室内側又は屋外側のどちらかの仕上材をいったんはがし、断熱材を施工後、元に戻す工事が必要です。このため、内装や外装のリフォームや耐震改修などと併せて実施することが効率的です。
材料の特徴によって、充填断熱工法、吹込み工法、外張断熱工法の3つの施工方法があります。

部位別リフォームのポイント/壁・床
充填断熱工法

住宅の一般的な断熱工法で、壁については柱や間柱の間に断熱材を充填する工法です。

充填断熱工法

繊維状の断熱材をほぐし、壁の空隙に吹き込む工法です。

外張断熱工法

外壁の外側をボード状の断熱材ですっぽり囲ってしまう工法です。

また他に、コンクリート躯体の外側に断熱材を張り付ける外断熱工法があります。

外断熱工法

床下への断熱材の施工
外張断熱工法

床の断熱性能の向上を図るためには、床をはがさずに床下から断熱材をはり付ける工法などがあります。室内の熱を逃がしにくくなるため暖房効率が向上し、省エネルギーにつながります。

メールでのお問い合わせはこちら

省エネリフォームと耐震改修工事

壁の断熱改修など、住宅の躯体に手を加えるような省エネリフォームについては、耐震改修工事を同時に行うことが効果的な場合があります。
省エネリフォームと耐震改修工事を同時に実施することにより、それぞれの工事を別々に実施する場合と比べ、手間と時間が少なく、工事に要する費用を抑えることができます。

省エネリフォームと耐震改修工事

メールでのお問い合わせはこちら
ページの先頭へ戻る
人気コンテンツ
リフォームコンテンツ
リノベーションコンテンツ
不動産コンテンツ
お役立ちレシピ
ショップ情報
おすすめリンク
RESTA
電話番号
お問い合わせ

WEBサイト運営: 株式会社RESTA
〒651-2111 兵庫県神戸市西区池上4丁目29-2
TEL: 078-976-5323 / FAX: 078-976-5321

【リフォーム対応エリア】
神戸市東灘区、神戸市灘区、神戸市兵庫区、神戸市長田区、
神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市北区、神戸市中央区、
神戸市西区、姫路市、明石市、加古川市、三木市、高砂市、
加古郡播磨町、西宮市、宝塚市
その他地域はお気軽にご相談ください。

RESTA神戸西本店

RESTA神戸西本店

〒651-2111
兵庫県神戸市西区池上4丁目29-2
TEL:078-976-5323

ご来店は神戸西本店へどうぞ!

RESTA垂水店

RESTA SAPOSTA(サポスタ)
ネットSHOPオペレーターセンター・
撮影スタジオ

〒651-2111
兵庫県神戸市西区池上4丁目28-5

RESTA明石物流センター

RESTA LOGISTA(ロジスタ)
明石物流センター

〒651-2144
兵庫県神戸市西区
玉津町小山字川端169
佐川急便 明石店 3階