1. 神戸のリフォームショップ
  2. 内装コーディネート

自分でお部屋をコーディネートしよう!内装コーディネート

自分でお部屋をコーディネートしようっ! どうせリフォームするなら、自分好みのオンリー1のデザインを追及しませんか?人によって、『こんなイメージの部屋にしたい!』という大きな理想も、『こんな小物を飾りたい!』といった小さな願いも、このページを参考にすればヒントが見つかるかもっ!?

コーディネート編

『天井→壁→床の順に徐々に暗くする』

天井→壁→床の順に徐々に暗くする天井→壁→床の順に徐々に暗くするを部屋が広く見えます、天井が暗いと、部屋が実際より低く見え圧迫感が生まれます。
リラックスするには、天井を明るくし、開放感のある空間にしましょう。

『床を暗くすると部屋が引き締まって見え、明るくすると部屋が広く見える』

床を暗くすると部屋が引き締まって見え、明るくすると部屋が広く見える床を暗くすると、部屋が引き締まって見え、明るくすると、部屋が広く見えます
ファッションなどと同じで、白系の膨張色は広く見え、黒系の収縮色なので、同じ広さでも、白を多く取りいれると、広く感じることが出来ます。

『柄物の壁は大きければ大きいほど部屋が狭く見える』

柄物の壁は大きければ大きいほど部屋が狭く見える柄物の壁は大きければ大きいほど部屋が狭く見えます、大きい柄は近くに見えて、小さい柄は遠くに見えます。
たとえば、トイレに花柄の壁紙を貼る場合、同じ花柄でも、小さい花柄を選ぶほうが、部屋は広く感じます。

『木材・金属の色は出来るだけ統一する』

木材・金属の色は出来るだけ統一する木材・金属の色は出来るだけ統一するようにします 部屋の統一感をだすのに重要な要素です。アクセントとして他と変化を付ける場合以外は、なるべく統一するようにしましょう。

『照明の色に注意する』

照明の色に注意するお部屋の印象を左右する照明の色に注意しましょう 照明の色・雰囲気は部屋の印象を左右するので要注意です。せっかく真っ白のクロスを貼っても、オレンジめいた白熱灯などを選べば、真っ白な壁には見えません。逆に照明で昼と夜に変化を付けるのもありです。

色彩編  色のあわせ方でこんなにも違いがでます!

『地の色が明るいと暗く見え、地が暗いと明るく見える』

地の色が明るいと暗く見え、地が暗いと明るく見える地の色が明るいと暗く見え、地が暗いと明るく見えます
明度対比といいます。中の灰色は左の白地の方が暗く見え、黒地の灰色は明るく見えます。家具等を選ぶときは、部屋の明るさと店の明るさの違いなども考慮して選びましょう。(お店では、スポットライトなどの照明を当てている事がよくあります。)

『同じ色でも地の色に影響される』

同じ色でも地の色に影響される同じ色でも地の色に影響されます
色相対比と言います。
オレンジが地の黄色は若干オレンジよりの黄色に見えます。 逆に緑地の黄色は左の黄色よりも緑に近い黄色に見えます。

『彩度の高い色は、黒でより鮮やかに見える』

彩度の高い色は、黒でより鮮やかに見える彩度の高い色は、黒でより鮮やかに見えます
彩度対比といいます。
左の黄緑よりも、黒地の黄緑の方が、より鮮やかに見えます。 無彩色の黒が彩度の高い黄緑をより強調させています。

『補色関係にある背景色だと、鮮やかに見える』

補色関係にある背景色だと、鮮やかに見える補色関係にある背景色だと、鮮やかに見えます
補色対比と言います。
同じ水色ですが、補色関係にあるオレンジの背景の方が、鮮やかな水色に見えます。

『面積の少ない色は混ざって見える』

面積の少ない色は混ざって見える面積の少ない色は混ざって見えます
同化現象といいます。
黄色の水玉の模様方のオレンジが、少し黄味がかって見えます。チェック柄の見た目の色味と、実際に使われている糸の色が違うのはこの例です。

『面積によって、色が違って見える』

面積によって、色が違って見える面積によって、色が違って見えます
面積対比といいます。
同じ水色ですが、面積の大きい方がより鮮やかに見えます。例えば、同じ色のクッションとカーテンを選ぶと、カーテンの方が面積が広く、かなり強い印象を受けます。

『色によって温度が違って見える』

色によって温度が違って見える色によって温度が違って見えます
暖色系統のオレンジの方が暖かく感じ、寒色の青は冷たく感じます。寒がりの方は部屋に暖色系を多く取り入れるとよいでしょう。 また季節ごとに、カーテンやクッションの色を変えて、部屋全体の印象を変えるもの快適な暮らしに一歩近づく事が出来ます。

『色によって硬さが違って見える』

『色によって硬さが違って見える』色によって硬さが違って見えます
色の薄いベージュは柔らかく見えて、濃い紺色は硬く見えます。
ナチュラル、フェミニンなお部屋にしたい場合は薄めの色を、 シック、クラシックな印象の出したい場合は濃い色のアイテムを取り入れると良いでしょう。

『色によって、重さが違って見える』

色によって、重さが違って見える色によって重さが違って見えます
上の項目と近いですが、薄い色は軽く、暗い色は重たく感じます。
違う色のアイテムを重ねる場合、下に暗い色を選んだ方が、安定感を感じるインテリアになるでしょう。

『色によって、距離が違って見える』

色によって、距離が違って見える色によって、距離が違って見えます
暖色は前に進出して見えます。
逆に寒色は後ろに下がって見えてしまいます。 部屋を広く見せたい場合は寒色系の壁紙を選ぶとよいでしょう。

『ストライプは柄と平行な方向を膨張させて見える』

ストライプは柄と平行な方向を膨張させて見えるストライプは柄と平行な方向を膨張させて見えます
ストライプ柄の壁は、平行方向が長く見えます。
実際より部屋の天井を高く見せたい場合縦ストライプ、実際より広く見せたいのであれば横ストライプの壁紙を選べばよいでしょう。

色について  好きな色をお部屋にとり入れたいときに!

『色の種類について』

好きな色を部屋に取り入れるといっても、色にはイメージがあり、ただ単に好きな色で埋め尽くすだけでは、思わぬ失敗をすることもあります。
まず色と明るさの基本イメージを知って、色を上手に活用しましょう!

色のイメージ

色のトーン

ペール
ペールトーン
色のイメージ:明るい、清潔、軽い
低彩度、高明度の色調。
淡く柔らかい印象なので、反対色のコーディネートも比較的合わせ易いのが特徴。
グレイッシュ
グレイッシュトーン
色のイメージ:地味、控えめ、シック
低彩度、中明度の色調。
メインカラーに使うと、落ち着いた、大人の印象になりやすい色調です。
ソフト
ソフトトーン
色のイメージ:親しみのある、おだやか
やや高明度、やや低彩度の色調。ふんわりとした柔らか味のある色調です。
同系統のペールトーンと合わせると、調和のとれたコーディネートがとりやすくなります。
ダーク
ダークトーン
色のイメージ:濃密、深み、円熟
低彩度、低明度の色調。重厚間のある色調で重たい印象になるので、天井や壁に使うには注意が必要です。 ただし、クラシック調の空間にしたい場合はこの限りではありません
ビビッド
ビビッドトーン
色のイメージ:活動的、刺激的、派手
高彩度、中明度の色調。
鮮やかで鋭い印象なので、広い面積に使うと、クドい印象の部屋に成りがちです。

『色の配分について』

色の配分について色の配分についてどんな色を選ぶかも重要ですが、どんな割合で色を使うかも、インテリアにはとても重要です。

ベースカラー

部屋の大部分を占める色です。天井、壁、床が該当します。一度決めると、なかなか変更できないため、選ぶ際には注意が必要です。面積が多いので、薄い色、弱めの色を選ぶのが基本のようです。濃い色を選ぶと、部屋全体が重たく狭い印象になるので注意が必要です。

メインカラー

部屋のメイン、つまり主役になる色です。自分の好きな色を入れるとイイでしょう。カーテンやソファ、タンスなどの家具がこれに当たります。

部屋のアクセントになる色です。クッションや小物など、面積の少ない物がこれに該当します。部屋の引き締め役になるため、強い色を使うと効果的です。

『どのように色を合わせるか』

色を組み合わせる場合、選ぶ色によって、お互いを際立たせり、調和させたりする効果があります。

色相環
色相環について

類似色:隣り合う色
お互いに対立せず、調和の取りやすい色同士です。
黄≒黄緑
赤≒赤紫
青≒青緑
補色:対角にある色
並べるとお互いに強調しあう色なので、看板の地と文字などによく使われます。
赤⇔青緑
黄⇔紫
青⇔オレンジ

同系色で合わせる

同系色で合わせる

一番失敗の少ないコーディネートです。同じ色相の中で、明るさと色の濃さに変化をつけます。 その中でも、緑系と茶系は年代を問わず好まれます。比較的落ち着きを得やすい方法になりますが、平凡な印象を受けやすいといった面もありあます。色の変化で物足りない場合は、素材感で変化を付けて平凡さを回避するなどの工夫をすればよいでしょう。
類似色で合わせる

類似色で合わせる

赤とオレンジ、青と緑といった、近い色同士を組み合わせる方法です。 同系色で合わせるのと同様、統一感の出しやすい方法にはなりますが、じゃっかんカジュアルな印象になります。
注意点としては、2色の割合に変化を付けて、色の主役と脇役を決めると部屋にメリハリが出来ます。
反対色で合わせる

反対色で合わせる

青とオレンジ緑と赤紫のように、色相環で反対にくる色同士を組み合わせるコーディネートです。 お互いに主張しあうため、難易度は高くなります。
白系の物をベースカラーにして、小物で反対色を使ったり、片方は淡めの色を広い面積に使い、もう一方をアクセントとして小物に鮮やかな色を使うなどの工夫が必要です。
同一のトーンで合わせる

同一のトーンで合わせる

色調をそろえて配色する方法です。
同系色で合わせるのと同じく、統一感の取りやすい方法ですが、強い色や濃い色で統一してしまうと、圧迫感も強くなるので注意が必要です。
ふんわりと柔らかくまとめるペールトーンや、シックで落ち着いた印象のグレイッシュトーンなど、彩度を低くする方がコーディネートしやすく、人気もあります。

スタイル編  自分の好きなスタイルにコーディネート!

『ナチュラル系にコーディネート!』

同一のトーンで合わせる

同一のトーンで合わせる

もっとも定番のスタイルです。自然を意識した色を使用し、インテリアに使用する木材は、装飾が少く、塗装もツヤの無い物を選ぶと良いでしょう。年齢や性別を問わず人気で、見た目にも優しくゆったりと安らげる空間となるでしょう。
スカンディナビア(北欧)スタイル

スカンディナビア(北欧)スタイル

天然の素材感を生かしたインテリア。壁紙は、アイボリーやベージュを使い、家具は白木をメインにすると、軽やかな印象になります。
家具のみで、少し物足りなさを感じるのであれば、植栽などを加えてアクセントにすると効果的。
ブリティッシュカントリースタイル

ブリティッシュカントリースタイル

カントリーの素朴さと、英国の洗練された雰囲気をくみあわせたスタイルです。ファブリックには花柄のものを使うと効果的です。 このスタイルでは、キッチンなどで、食器や調理具などを、あえて見せる習慣があります。絵や絵皿などを、シンメトリーで飾ると、宮殿の装飾を意識した雰囲気になります。
アメリカンカントリースタイル

アメリカンカントリースタイル

カントリーの中でも、特に素朴さの強いスタイルです。
開拓時代のアメリカがこのスタイルの定番ですが、当時は布製品は貴重で、大切に使われ、パッチワークを施したアイテムがたくさん使われます。豊かさの象徴として、収穫物を壁に飾る習慣があり、豊かさの象徴とされるそうです。

『クラシック系にコーディネート!』

クラシックスタイル

クラシックスタイル

格調高く、ゴージャスなのが、このスタイルの基本。天井、壁共に、重厚感を表現するため、室内は若干暗めになるような内装がベター。
家具もアンティークの彫刻が施された物や、曲線のデザインの物を選ぶと良いでしょう。金属の物は出来るだけ金色を使うと、ゴージャス感もアップします。
トラディショナルスタイル

トラディショナルスタイル

クラシックスタイルを少し砕いたスタイルがトラディショナルスタイルです。室内は暗めにし、アンティークの家具等を置くのは同じですが、金の装飾などは控えめにすると良いでしょう。
暗い中にも温かみがあると、シックで落ち着いた印象になります
エレガントスタイル

エレガントスタイル

女性的で上品で少し甘め印象のスタイル。内装に曲線でふんわりとしたものを多く取り入れると良いでしょう。
特に脚のある家具には、ガブリオール・レッグと呼ばれる、猫脚をイメージしたデザインの物を使うのが特徴です。カーテン等はヒダを多くし、柔らかそうな質感のものを選びます。
ロマンティックスタイル

ロマンティックスタイル

少し甘めの、大人の女性のイメージがエレガントスタイルとすれば、ロマンティックスタイルはまさに夢見る少女といった印象のスタイルです。内装の基本は白系か淡い色をで統一し、装飾性のある照明や家具を配置します。ただ、ゴージャスにし過ぎると、可愛く甘い印象からは遠ざかってしまうので注意が必要です。上品さと軽さをイメージして選んで下さい。

『モダン系にコーディネート!』

シンプルモダンスタイル

シンプルモダンスタイル

無駄な物を配置せず、スッキリという言葉がピッタリのスタイルです。天井・壁は白無地で同じ品番を選ぶと良いでしょう。家具は直線でデザインされたものを選び、白黒にガラスなどの透明色でスマートな印象を与えます。開口部には、カーテンよりもロールスクリーンやブラインドを配置するほうが、イメージを損なわずに済みます。
ナチュラルモダンスタイル

ナチュラルモダンスタイル

モダン系とナチュラル系の中間といった感じのスタイル。このスタイルでは素材に木などの天然のものを多く取り入れると良いでしょう。
壁紙は少し色み掛かったアイボリーなどをベースに、床は白木系の薄い色のフローリングなど、淡い色を多く取り入れる事で、柔らかい印象をプラスして下さい。
イタリアンモダンスタイル

イタリアンモダンスタイル

斬新という言葉がピッタリなスタイルです。白の壁三面に、一面だけ原色で変化をつけるなど、変化を付けるところはトコトン反対の事をするなど、思い切ったデザインが特徴です。
ただ、あれもこれも無造作に変化を付けると、落ち着かない空間になるので、変化を付ける中にも統一感を出すことが非常に重要です。
シックモダン

シックモダン

モダンの中でも、落ち着いた大人の印象のスタイルです。天井や壁はベージュやグレーなど、彩度の低いものを選び、家具は重厚感のあるクロやダークグレー、ダークブラウンなどの、濃い色を選びます。
濃い色を多く使いすぎると、狭く圧迫感のある部屋になってしまうので、リビングダイニングなど、広い空間の取れる場合にこのスタイルをオススメします。

『アジアン系にコーディネート!』

バリスタイル

バリスタイル

風通しを意識したインテリアが最適です。建具は格子やスリット入った物を使ったり、カーテンを使わず、ウッドのブラインドにすると良いでしょう。外の強い日差しを避けるため、室内は少し暗めにし、濃い木材や植物網の家具でそろえると良いでしょう。アジアンといっても、また、バリは外国資本の高級リゾート地のため、高級感は欠かせません。
シノワズリースタイル

シノワズリースタイル

17~19世紀ヨーロッパでは中国渡来の陶磁器などが流行り、そういったデザインのファブリックなども多く取り入れたスタイルです。
中国風といっても、基本は近代ヨーロッパのため、ベースはクラシックで、このスタイルも豪華で、高級感のある仕上がりになります。
和風

和風

柱や天井材など、使用される木材は杉や檜など、若干黄みと赤みを帯びた淡めの色の素材を選びます。
障子や襖以外にも、和紙風の壁紙や、紙系の傘のついた照明など、紙を内装材として多く取り入れるとよいでしょう。
和モダンスタイル

和モダンスタイル

和風であり、モダンでもあるスタイルです。畳は縁無しの置き畳など、和風ではありながら、純和風とはかなり違った印象になります。家具は直線的なデザインのものを選び、ソファや椅子などを置く場合は座面の低いものを使用すると失敗しにくいです。素材は和風と同様、木材、紙、土などの素材感のある物を選びます。
ページの先頭へ戻る
人気コンテンツ
リフォームコンテンツ
リノベーションコンテンツ
不動産コンテンツ
お役立ちレシピ
ショップ情報
おすすめリンク
RESTA
電話番号
お問い合わせ

WEBサイト運営: 株式会社RESTA
〒651-2111 兵庫県神戸市西区池上4丁目29-2
TEL: 078-976-5323 / FAX: 078-976-5321

【リフォーム対応エリア】
神戸市東灘区、神戸市灘区、神戸市兵庫区、神戸市長田区、
神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市北区、神戸市中央区、
神戸市西区、姫路市、明石市、加古川市、三木市、高砂市、
加古郡播磨町、西宮市、宝塚市
その他地域はお気軽にご相談ください。

RESTA神戸西本店

RESTA神戸西本店

〒651-2111
兵庫県神戸市西区池上4丁目29-2
TEL:078-976-5323

ご来店は神戸西本店へどうぞ!

RESTA垂水店

RESTA SAPOSTA(サポスタ)
ネットSHOPオペレーターセンター・
撮影スタジオ

〒651-2111
兵庫県神戸市西区池上4丁目28-5

RESTA明石物流センター

RESTA LOGISTA(ロジスタ)
明石物流センター

〒651-2144
兵庫県神戸市西区
玉津町小山字川端169
佐川急便 明石店 3階