1. 神戸のリフォームショップ
  2. 解体工事 神戸
  3. 解体のタイミング

解体のタイミング

ズバリ知りたい不動産売却と解体のタイミング 建築士・ファイナンシャルプランナー・宅建主任者のアドバイザーがお答えします!

土地を売却したい。古建物をどうしますか?

古建物が建っている土地が、「建物の価値ゼロ・瑕疵担保なし」で販売されている事例を見かけたことはありませんか?
解体費を売却前にかけられない、かけたくない場合にこのように販売を行うことはあります。一方、古家付き土地の購入希望者も、建物を解体する前提でその土地の購入を検討している場合が多いので売買が成立します。ただし、購入者は解体費用を予算に組み込む必要があります。
今では、インターネットで解体費用の概算も調べることができるようになりましたが、まだまだ一般的に、解体費用がいくらぐらいかかるのかを事前につかむことができる購入者は少ないと思います。ですので、物件購入者にとっては、多少土地の値段が上がっても、更地状態のほうが買いやすいものです。更地であれば購入希望のお客様が、どんな家を建てるかを想像することができるので購入しやすくなるメリットもあり早期売却という点では、更地にしたほうがよいでしょう。

ただし、解体先行にもデメリットもあります。税金面では解体後一定期間内に土地が売却できた場合には、その土地を居住用財産として扱うことが可能ですので、居住用財産の譲渡所得の特別控除を受けることができる大きなメリットがあります。ですので、解体のタイミングは重要です。また、土地の売却に解体は必要であったということであれば、解体にかかった費用も経費と認められる場合があります。

解体をしてしまうと土地の価格に大きく不利に働くことも

もし、あなたの土地が市街化調整区域内にあり、再建築不可の物件であれば、原状の建物を解体すると、今後その土地には建物を建てることができなくなります。そうなると、もし建物が大規模リフォームをすれば住める場合なら、たとえ再建築不可であっても価格は安くなりますが住宅として売却可能な場合があります。現にそのような物件は多数存在し売りに出されています。その場合、土地売却に対しては解体することは大きなマイナスになります。

不動産売却前の解体には、立ち退き等の問題が発生する場合もございます。また、より詳しいご相談は物件の詳細ごとに異なりますのでお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る
人気コンテンツ
リフォームコンテンツ
リノベーションコンテンツ
不動産コンテンツ
お役立ちレシピ
ショップ情報
おすすめリンク
RESTA
電話番号
お問い合わせ

WEBサイト運営: 株式会社RESTA
〒651-2111 兵庫県神戸市西区池上4丁目29-2
TEL: 078-976-5323 / FAX: 078-976-5321

【リフォーム対応エリア】
神戸市東灘区、神戸市灘区、神戸市兵庫区、神戸市長田区、
神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市北区、神戸市中央区、
神戸市西区、姫路市、明石市、加古川市、三木市、高砂市、
加古郡播磨町、西宮市、宝塚市
その他地域はお気軽にご相談ください。

RESTA神戸西本店

RESTA神戸西本店

〒651-2111
兵庫県神戸市西区池上4丁目29-2
TEL:078-976-5323

ご来店は神戸西本店へどうぞ!

RESTA垂水店

RESTA SAPOSTA(サポスタ)
ネットSHOPオペレーターセンター・
撮影スタジオ

〒651-2111
兵庫県神戸市西区池上4丁目28-5

RESTA明石物流センター

RESTA LOGISTA(ロジスタ)
明石物流センター

〒651-2144
兵庫県神戸市西区
玉津町小山字川端169
佐川急便 明石店 3階